こんばんは。myMOJIの萩原です。

先日、川崎駅のラゾーナに初めて行ってきました。

IMG_7014

今、myMOJIのペン字と筆ペンコース、そして講師養成コースを担当している杉山先生が、

出版が決まったお祝いと、ハギハラの誕生日のお祝いに、ということで

この、ホイップクリームでで~~~ん!!!な、パンケーキをご馳走してくださいましたッ!

image (18)

ありがとうございます!

これぞ、インスタ映え!な写真?(インスタ、アカウントなくしたけど。)

おいしかった~~ん。

お互いになんやかんや忙しいので、なかなか会えず・・今日は久しぶりの再会でした。

朝早くにこのお店に入って、「軽くスイーツとコーヒー飲んで、ランチは別なお店にしましょう」という流れの予定でしたが、

しゃべり出したら、あっという間に私の帰宅の時間になってしまいました。。。

時計を見たとき、びっくりしたわ、、

そんなに時間がたっていたなんて、、と急にお手洗いにも行きたくなる(笑)

まあ、そんな話はさておき、色々と学びがあったので、シェアしたいと思います。

講師タイプが真逆なわたしたち

杉山先生と萩原は、まったくタイプの異なる講師です。この日も「お互いに本当に性格もスタイルも違いますよね!」という話で
盛り上がりました。

何が違うかというと・・・

ざっくりですが

杉山先生は、「この方法で確実にステップアップしていく」というものを確立していて、基礎力を最も重要視したスタイル。
ご自身の教室では、教材づくりにとっても力を注いでいます。たくさんの生徒さんに教える、というよりも、少人数で丁寧に・・がいい。
また、専門スキルを持つ人を育てたい!という想いもあり、myMOJIでは、講師養成コースも担当してもらっています。業界の中でも、わたしより10年以上教室運営を継続している、大先輩でございます。
myMOJIの講師養成コースに先日お申込みいただいた方も、
「まさに!憧れの字を書く先生に出会えました!」とおっしゃっていました。
ライフスタイルも含めて素敵なので、あんなふうになりたい・・と憧れられる講師です。

一方、萩原は、教室にいらっしゃる生徒さんに楽しんでいただくことはもちろんですが、これからの方向性としては、
「ゼロからイチへ」を目標としています。
ペン字教室に、まったく興味がなかったり、字を書くことにコンプレックスを感じる方がいたら「ねえねえ、ちょっと!こんな方法で字が変わるから一緒にやってみようよ!」とずうずうしく(笑)誘っていきたいタイプ。
コミュニケーションだったり、楽しみ方、心の変化なども重要視します。
あと、基本的に、目立ちたがり屋でしゃべりたがりですね、わたしは(笑)。上品な杉山先生とは大違い!

「じぶんと違う」人と付き合うと、じぶんの強みがわかる

私たちがタイプが異なる、ということで、何を伝えたいかと言うと、

仲良しこよし、お互いに気が合う、なんだか私たち似ている・・・といったよくある女性グループのような仲間ばかりと付き合うのではなく、

「じぶんと違う!」と感じる人と積極的にコミュニケーションをとっていくことをおすすめします。

理由は、自分の価値観だけでは、狭い世界に閉じこもってしまうし、じぶんと違うタイプの人と関わることで、じぶんが何を大切にしているか、どんなことが譲れないのか、何をしていきたいのか・・改めて考えるチャンスにつながるからです。

わたしも杉山先生と出会って、変わりました。

何より、杉山先生の実力や「基礎力」に対する情熱を知って、

「この分野では勝てないから、別ルートでわたしは頑張ろう」

と思いました(笑)

いや、笑い話じゃなくて本当です。

同時に、自分は何を大切にして教室をつくっていこうかな、と考える機会になりました。

おかげで、出産前くらいから、「こうかも!」と思うベースづくりができて、念願の出版も決まったり、あたらしい仕事の方向性もできつつあります。

すんなりできることを見つけよう

それでですね、杉山先生とも話をしてて、

世の中には「書道教室」「ペン字教室」ってたくさんあるけれど、

その仕事の中身ってた~~~~くさんの種類がある。

そして、その中でも自分が好き・得意・すんなりできることって、常に探していかないとだよね、ってことを話しました。

字を書いて販売するタイプなら

・作品(アート)販売
・筆耕
・代筆(会社の秘書さんなど)
・パフォーマンス書道

などあるし、

人に字を教えるタイプなら

・セミナー形式
・少人数やマンツーマン向け
・オンライン形式
・通信講座

などなど。もっと細かく分けると「教材はどうするか・ターゲットはどこを狙うか・エリアはどうするか・協会に所属するか否か」

とかありますね。

そんな中でも、「すんなり、肩の力が入らず、楽しくできるスタイル」を見つけていくと、自分にあった仕事が見つかるのではないでしょうか。

例えば、萩原なら

「ただ、じぶんが書いているだけじゃなくて、生徒さんとのコミュニケーション必須!」タイプです。

しゃべってないと、ダメ。

筆耕士とか、絶対に無理な仕事でしょう。。

==

タイプが真逆な人と、積極的に関わってみると、

じぶんのことがわかったりするからおすすめです。

杉山先生は、タイプが違うから、憧れでもある先生の一人です。

あんなふうに美人で字がきれいだったら、わたしなら写真集(ペン字のお手本が付録ww)とかつくるかも!(笑)

こんな発言したら、本人に怒られそうです。いえ、怒るでしょうww

では、本日はこの辺で!

421A9854_original

\10月下旬・大人のペン字本出版決定/

アマゾンで予約受付中♪

~心が動く大人の美文字レッスン~
東京・表参道の書道ペン字教室myMOJIまいもじ
代表 萩原季実子
(ペン字講師/美文字マインド・クリエイター)

■萩原季実子のレッスンはこちらから

■わたしが考える美文字とは?

■きみこの起業ストーリー(ゆるりと更新中)