いよいよ関東も梅雨入りしましたね^^

先日のブログで、「息子、あるきはじめました」と書きましたが、
歩きはじめたらものすごいスピードで、歩く距離が伸びまして・・

昨日かな?
雨だったので近所に抱っこひもで散歩に出かけようとしたら
「エビ」になり(※嫌がって体がエビぞりになること。育児あるある。)

とにかくマンションの廊下をひたすら何往復も歩いていました

で、抱っこひもで抱っこしようとするとまた「エビ」になり、
歩きたがる・・

の繰り返しで、ママは見守るばかり。

「できなかったことができる」って、嬉しいんだろうね^^

走り出したら、こりゃ大変だぞ。

==

さて、今日は「ビジネス×ペン字」の話です。

最近もとある企業さまからご依頼いただいて、
2件、お申込みいただきました。

IMG_7386

ヒアリングの際、いつも「ペン字レッスンの目的」を聞きます。

大きく分けて2つあります

①社内の交流やレクリエーションとして、イベントとして楽しみたい

②営業活動として「ペン字」を取り入れたい

もっと細かく分けると「経営者の方にマンツーマンレッスン」だったり、
「筆ペンマナーを学びたい」などありますが、

だいたいざっくりと分けるとこの2つですね。

今日は、②営業活動として「ペン字」を取り入れたい

この話をしたいと思います。

なぜ、myMOJIの萩原を選んでくださったかと聞くと

私が会社員だった8年間「ペン字を活かした営業活動で成績を上げた」という経験があるから、
とお答えいただくことが多いです。

「ペン字を活かした営業活動」は、会社員のときだけではなくて、
今も習慣としてやっています。

具体的に普段やっていることは

・季節のお手紙(年賀状やクリスマスカード)を書く

・憧れの方に初めてお会いできるときは手紙を手渡しする
(相手は忙しい方が多いので、伝えたいことは書いて渡す。本やブログを書いている方なら感想を書く)

・贈り物に簡単なメッセージカードを添える

・お礼状を出す

ざっくりとこんな感じです。

コツコツこんな習慣を積み重ねていくと

・お客様がリピーター様になっていただける
・メディア関係の方から「手書きのことなら萩原さんに聞こう」と取材のチャンスをいただける
・「手書きのメッセージありがとう」と、手書きツールをきっかけにまた交流が生まれる(=お仕事の話になることも!)
・生徒さんから「先生のような手紙が書けるようになりたい」とメッセージをもらえる

嬉しいことばかり!

とあるメディアの方に、近況を手紙でお知らせしたら
ちょうど記事の中で急きょ空いてしまった枠があったらしく
「萩原さんの紹介させていただきますね」と言っていただけたこともありました^^!

では、なぜ、手書きが営業活動に効果的なのでしょうか。

デジタルはコピペ感?!アナログは「あなただけ感」!!

また私の会社員時代の話になりますが、

新卒で入社した会社が「電話で広告を受注する」という営業スタイルでした。

1日100本ほど営業電話をかけて、ファックスで資料を送ります。
そしてファックスが相手に届いたころにクロージングの電話をします。

IMG_4650

入社した当時、私は悩んでいました。

「なぜだか、成績があがらない。話を聞いてもらえない。資料を送ったはいいが、
クロージングできない。」

当然、焦りましたよね~~( ;∀;)

で!しかも!

当時いた会社が(今から10年前)

「1人1台パソコンがなかった」

んですよ。

(2~3人ずつのチームに1台でした)

今、考えるとビックリですよね。

だから、「ファックスで資料を送る」営業手法でした。

「なぜメールじゃないんだろう・・メールだったらもっと多くアプローチできるのに」と当時は思っていました。

(会社のせいにして、いけませんね~~( ;∀;))

「じゃあ、ファックスでできる工夫はないだろうか」と考えました。
「そうだ、手書きのメッセージを入れてみよう」とひらめきます。

不特定多数に送られているメッセージは読まれない

人って「コピペ感」を感じるメッセージって読まないんですよね。

パソコン&スマホが主流の今、この「メッセージをコピペ」が簡単にできる時代です。

例えばあなたが営業される側だとして、「誰にでも送っているメッセージ」で営業されたら
話すら聞きたくない、と感じるのではないでしょうか。

わたしは、この「コピペ感」満載の営業資料で、勝負していたんです。

当然、電話ガチャ切りされていました。ちーん。

手書きで「あなた×わたしの限定コミュニケーション」をつくる!

そして私は手書きのメッセージを書いて、営業資料をファックスすることにしました。

これが、大成功で!!

ここでいう「成功」は、何を示すかというと

「話を聞いてもらえるようになった」

のです!!!

クロージングの電話をしたときに

「きみこさん?ああ、あの手書きのメッセージの方ね」
「字が読みやすくてきれいですね~」
「電話で話したこと、感想書いてくれてありがとう」

「あっれ~~~~!!今までと違うぞ!」私はビックリしました。

印象が一気に良くなって、会話ができるようになったのです。

やっぱりね、営業って「きっかけを生んで、相手に気持ちよくしゃべってもらう、商品に興味をもってもらう」
ことが契約への第一歩だと思うのですよ。

でも、なかなか「最初のきっかけ」を生むのが難しい。。。

みなさんも手紙やメッセージを書いた経験があると思いますが、

手書きをしている間って「相手のことだけ考える時間」ですよね。

だからこそ、

不特定多数の「コピペ感」ではなく、「あなただけ感」を感じてもらえることができるんです。

そして、営業先とわたし限定コミュニケーションが完成されて、つながりが強くなります。

「つながりたい人とつながりたい」手書きできっかけを生みませんか?

このブログを読んでいるみなさんも

「つながりたい人・これからも交流を続けたい人」っていると思います。

ビジネスシーンならクライアント、プライベートなら好きな人やお世話になっている人、友達・・など。

ぜひ、そんな時、短い文章でもいいので「手書き」をつかってみてください。

img_3234

デジタル時代の今こそ、

「わたしのために時間をつかってメッセージを書いてくれた」ともらった相手も嬉しいと思います。

文字に自信がなかったら、萩原のレッスンに来てね!(笑)

企業のみなさまも、

今の時代だからこそできる「営業活動に手書きを活かす」ぜひ、取り入れてみてはいかがでしょうか。

講師、萩原の体験談をもとにレッスンさせていただきます

企業様向けのレッスン、ご相談無料で受付中です!

あなたの会社でペン字レッスンします!出張レッスンの詳細はこちら

わたしも、もっともっと書いて色んな人とつながって
交流して楽しみたいです。

みなさまも楽しい文字ライフを送ってください!

ではではまた!

==

2-421A9970

421A9854_original

\好評発売中!・誰でも一瞬で字がうまくなる大人のペン字練習帳/

アマゾンはこちら♪

~心が動く大人の美文字レッスン~
東京のペン字/筆ペン教室myMOJIまいもじ
代表 萩原季実子
(ペン字講師/美文字マインド・クリエイター)

■萩原季実子のレッスンはこちらから

■わたしが考える美文字とは?

■きみこの起業ストーリー(ゆるりと更新中)