今日のブログでは、メンタルのことをお話しします。

==

年明けのレッスンで、こんな生徒さんがいました。

レッスンがスタートして、お手本を見ながら練習したり、添削したり・・いつも通りのレッスン内容だったのですが、終わる頃、帰り際にこんなお話しが。

「先生・・・実は。わたし今日、何度も来るのやめようかとおもっていたんです。」

えっ!

とビックリしたわたしは

「なぜですか?」

と聞きました。

「ずーっと前から字がコンプレックスで。

自分の字がきれいに書けるようになりたかった。

申込みをしたのは良かったけれど、憂鬱で・・。

昨日も、キャンセルの連絡をしようか迷ったし、

今日は途中で電車を降りようか迷いました」

と、お話ししてくださいました。

わたしは、このお話を聞いて感動しました。

「そんなに勇気をふりしぼって、レッスンに来てくださったんだ・・・!!!」

この生徒さんにもペン字のビフォーを書いていただきましたが、ご本人が思うほどクセもないし、添削をするとスグ変わりました。

レッスン後は、「またペン字コースに通いたいです。通信講座も検討してみます!」とのこと。

「楽しかった・・」と少しでも感じていただけたらいいな、と思います。

MARBEE8441fd_TP_V

いろんな悩みをかかえてレッスンに来る生徒さんと話をすると、いつも思うことがあります。

「キレイな字」とは「自分が納得する字」なのだと。

つまり、「メンタルをいかに変えるか」がとても大きな役割を果たしています。

myMOJIの講師陣は、

「ただ、ひたすら添削をする」のではなく「生徒さんの笑顔」を見るようにしています。

笑顔になる=リラックスする、そして本当の気持ちや悩みを話しやすい環境になる、と考えます。

「生徒さんを笑わせよう~~!」と、レッスン中は添削指導以上に(笑)、萩原は考えています。

ただし、わたしの笑い声で生徒さんの集中が途切れないように、黙るときは黙ります・・・

==

前述の生徒さんにもお伝えしましたが、

「変わりたい、という気持ちがまず大切」。

これが、「字を書くことが楽しい、じぶんの字を好きになる」一歩です。

「何回レッスンに通ったか」ではなく、「書きたい気分になる」。これが大切。

ただし!

将来、仕事として講師になりたい人は、一刻も早く(笑)毎日たっぷり練習して、ブログで発信し続けてくださいw

前述の生徒さん・・・

ご自宅に帰って少し練習されたかな?

その後が気になっています(^^)/