レッスンにお越しくださる生徒さんの中で、

利き腕

に関するお悩みが意外と多いです。

「左利きでもきれいな字は書けますか?」

「左利きですが、右利きに直したほうがいいですか?」

など。

IMG_0238 (1)

わたしは、必ずしも「絶対に右利きにしましょう」とは言いません。

お1人ずつ、生徒さんと話し合います。

例えば、Aさん(男性・30代)は、これまでと同様に左手で書いてもらったあと、

途中から右手にもチャレンジしてもらいました。

そして、どちらがストレスなく楽しく練習できるか、Aさん自身に選んでもらいました。

Aさんは、これまで書いてきた左手にすることに決めました。

こんな方もいます。

Bさん(女性・30代)は、ペン字は左手で、そして筆ペンのみ右手に矯正するようにチャレンジ中です。

ボールペン字の場合は、ペン先の幅に広がりにくいので、ある程度固定して文字を書くことができます。

筆ペンの場合は、ペン先の幅が広がるので、点画など右手のほうが書きやすい場合もあるからです。

この時も、Bさんにはひとつひとつ説明しながら、最終的には「わたしはこれでいきます!」とBさんに選んでもらいました。

==

レッスンでは、

左利きを右利きに必ず矯正するのではなく、

「利き腕が違うと字の書き方にどんな風に変化があるのか」、

そして「矯正する場合、どのくらいストレスがかかるのか」を体感してもらい、理解いただくようにしています。

当教室は大人向けなので、特に何十年と同じ利き手をチェンジするのは、

結構なストレスです・・!

いろいろなパターンを試しながら、

一緒に考えて、最適な方法を見つけましょうね。

~きれいな大人字になるレッスン~
東京・表参道の書道ペン字筆ペン教室 my MOJI(まいもじ)
萩原季実子