「書道教室を開業するとき、今勤めている会社は辞めるべきですか?」

「副業としてスタートしたいけど、会社にばれないか心配です。」

「副業でいくら稼げたら、本業になれますか?」

こんな質問をされることがあります。

お教室をひらくぞ、と決めたら、

それが本業なのか、副業なのかはまず置いておいて、

「1日1つ以上、教室運営のための行動する」

ことをしましょう。

ここで、大切なのが、

「教室をひらくぞ」と決めることが大切です。

それが、本業か副業かなんて、正直生徒さんにとっては関係のないこと。

あなたが考えるべきことは

・生徒さんが通いやすいようにたくさんレッスン数を用意する(自分の可能な限りたくさん!)
・生徒さんのニーズに合うメニューやお手本を用意する
・通いやすい場所に教室を用意する
・ブログやHPで発信し続ける

など、やるべきことはたくさんあります。

IMG_0361

ポイントは、「今のじぶんがどれだけ教室運営に時間をとることができるか」。

たとえば、

会社員の人は、土日や夜など出来る限りレッスン数を増やしていく方法があるし
(同じ立場の会社員の生徒さんが増えると思います)

子育て中のママは、月に1回でもご自宅や近くの貸しスペースで単発レッスンを行うこともできるし、

教室運営1本で勝負、という人は、24時間寝る以外の時間はお教室のことを考えて改善することができるし、

それぞれで良いのです。

コンサルの時に、

「月曜日~日曜日までの間で、具体的にどれくらい教室運営に時間をとることができるか計算してください。」

というワークをします。

そのうえで、優先的に行うことを一緒に考えます。

今の会社の仕事も、家族との時間も、プライベートで大切にしていることも、

やめる必要はありませんよ。

ただ、「やる!」と決めたら、最大限のじぶんなりの努力はしましょう。

そうすれば、本業か副業か・・・で悩まなくなってくるのでは?
私は副業としてスタートしました。

おかげさまでたくさんの生徒さんや企業さまに恵まれて、お教室も2年目となりました。

今年の3月で会社も辞めています。

いつも応援していただき、ありがとうございます。

目の前のことに一生懸命取り組んでいれば、必ず応援してくれる人が現れます。

大丈夫ですよ^^

まずは、自分自身に「お教室開くぞ」と約束してくださいね。

■お教室運営セミナーのご案内

■個別コンサルのご案内【東京・スカイプ】

■生徒さんに喜ばれるお手本の作り方講座のご案内

~きれいな大人字になるレッスン~
東京・表参道の書道ペン字筆ペン教室 my MOJI(まいもじ)
萩原季実子