myMOJIの萩原です。みなさん、お元気ですか??

関東がいっきに冬に逆戻り、ですね。

桜が楽しみな季節。

先日、チラッと桜を見つけました。かわいいです。

IMG_4418

でも、あとから考えたら、これは梅なのではないか・・・とモンモンとしています。

どなたか分かる方がいれば教えてください(~o~)

見分け方も調べたけどよく分からず。

フェイスブックで「桜です!」と自慢して投稿してしまいましたので、あとに引けません。

==

さて、今日のブログはつぶやきです。

わたし萩原の最近の自分自身の課題について書こうと思います。

うすうす気づいていながら、気が付かないようにしていたこと。

避けていたことがあります。

思い切ってブログに書いてみることに。そうすれば、なんだか気が楽になるかもしれないと思いました。

褒められる→受け取る、ができないわたし

それは、

「好意・感謝・いろんな気持ちを受け取ること、人に頼るのが苦手だということ」

です。

わたし、人から

「すごいですね」
「お教室うまくいっていますね」
「ビジネスもプライベートも楽しそうでいいですね」
「きみこさんのようなライフスタイル憧れます」

と言っていただいた時に、

素直に受け取ることができないんです。

「いやいやいや~~~!!!!

そんなことないんですよ」

ってついつい、全力で口癖のように否定してしまいます。

良い意味での謙遜ならいいのですが、

わたし、本当にそんなことない、と思っているんです。

それが、ある日

尊敬する方に

「このままだと、これから大きく変化していったときに、自分自身が辛くなってしまうよ」

と言われました

この時のわたしの気持ち

・・・・がががが~~~~~ん( ;∀;)

プチ(いやかなり?)絶望感でいっぱいに。

このブログを読んでくれている方にも、もしかしたら「わたしもそうかもしれない!」という方いるかもしれませんね。

このことに気がついた帰り道。

ふと、教室の生徒さんのことを思い出しました。

わたしは、ウソがつけないので、レッスン中に生徒さんの字を見て、本当にいい、上手いッ、ブラボー!!!(^^)/と感じたら、

「上手に書けましたね!」

と褒めます。

そうすると、意外と

「いえいえ、わたしなんてまだまだです。」
「もっと頑張らないといけません」
「全然、下手です」

という返事がくることがよくあります。

そのとき、わたしはポカン。なぜ~~~??と疑問に思っていました。

褒め言葉を受け取るとじぶんへの信頼につながる

この生徒さんたちと、今のわたしの課題は同じだ、と思いました。

「褒め言葉を素直に受け取る」

それは、自分自身への信頼につながる、ということ。

特に、仕事でがんばるタイプの人は、これができない人が多いそうです。

人に頼る、褒め言葉を素直に受け取る・・・

わたしは、自分を変えたいと思います

わたしのいいところは、「変えよう」と思ったらすぐに行動に移すところなので、
このことをどうやって解決しようかな、と自分でも考えてみました

褒められたら「ありがとう」そしてノートに記録

まず、ささいなひとことでも褒められたら

「いえいえ~~~」といつもの謙遜セリフをぐっとこらえ、

「ありがとうございます」と言うようにします

そして、褒められたことや、人に助けてもらったこと、頼ったことがあったら、
ノートにコツコツ記録しています

これをまず、1か月続けてみることにしました

もしかしたら、これで変わるかもしれませんし、変わらないかもしれません

決めてから数日たっていますが、「いえいえ」できない・謙遜できないことにイライラしたりもしてます(笑)

これから、わたしを褒めてくださる方は、わたしが顔をゆがめながら、

「あ゛、あ゛りがとうございます・・( ゚Д゚)」

みたいな状態になっていても、

あたたかく見守ってください(;´・ω・)
このブログを読んでくれている生徒さんも、わたしたち講師が字を褒めたら、
それは素直に受け取ってほしいな、と思います

心からイイと思っていますよ(*^▽^*)

一緒にメンタル変えていきましょう