この度、いつも応援してくださる皆様へ
ご報告です。
 
3冊目の出版オファーをいただきました。
 
そして発売はまもなく
10/17発売予定です!
 
タイトルは
 
「美文字で練習 もらってうれしい気の利く短い手紙」
 
 
先日、表紙の色校正をチェックさせていただき、
9月下旬に無事校了いたしました。
 
 
(写真は色校正のときのもの。ここからもう少し色が変わります。)
 
文字の書き方を伝えることを仕事にしてから、
「いつか出版がしたい」という夢を叶えることができ
講師として6年目で、3冊目を出版させていただくことになりました。
 
これまで関わってくださり、応援してくださっている
生徒さんや、関係者の皆様、友人や家族に
あらためて感謝の気持ちでいっぱいです。
 
==
 
もともと私が文字を好きになった原点は
 
「文通」
 
でした。
 
小学生のころ、
 
月に20人と文通をしていていました。
 
「切手1枚で、手紙が色んな所に届くなんて
なんてすごくワクワクするんだろう・・・!」
 
まだ会ったことのない文通相手へ、
憧れのあの人へ、
転校してしまった友達へ、
直接伝えにくい家族へ・・・
 
いろんな想いを込めてペンを走らせていました。
 
みなさんも、
お手紙を書いた経験は1度はあるのではないでしょうか(*^^*)?
 
中には
 
「そもそも字が汚いから書きたくない」
「どんな文章を書いていいか分からない」
「ネットで検索して定型文ぽくなってしまう」
 
そんな方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
この本はそんな方のために書きました!
 
 
手書きの文字には、「文字の意味」以上に、
線に感情が表れます。
 
だからこそ、
その線にこめられた気持ちを読みたくなるし、
 
もっと線を磨いて
気持ちを伝えたくなります。
 
 
デジタル文字であふれる今の時代だからこそ、
手書きには
「文字の意味」以上に伝わるものがあります。
 
この本で目指すのは
 
「心を動かす美文字、そして気の利く手紙」
 
です。
 
文字や線を磨いて、
伝えてみたい気持ちを手紙に書いてみませんか?
 
またブログに、本にまつわる話を
どんどん書いていきたいと思っておりますので
お楽しみに!
 
Amazonで予約もスタートしています。

応援していただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
2019.10.14
萩原季実子