突然ですが、きみこのお悩み相談室~(^^♪

・・・と、いきなり始まったこのコーナー。

421A9835_original

今日、とある方から、こんなご質問メールをいただきました。

「ペンの持ち方について悩んでいます。

ペンを握るように手に力がギュッと入る持ち方をしてしまいます。

人前で文字を書く時にみっともないし、

長く字を書くと手が疲れ易くなるので、

何度か直そうと努力しました。

しかし、正しい握り方をすると、なぜか手に力が入らなくなり、震えます。

字も震えた字になってしまいます。

震えた字になっても、治るまで正しい持ち方を練習した方がいいのでしょうか?」

このお悩み、よく聞きますね~

このブログをご覧のみなさまにも
子供から大人になるまでに、自分流の持ち方が定着してしまい、
なかなか矯正できずに悩んでいる方多いのではないでしょうか?

そもそも、なぜ正しい持ち方にすると、ブルブル震えてしまうのでしょうか。

それは、ズバリ

「正しい持ち方の指の筋肉不足!」です。

例えば、よく猫背になってしまうというお悩みの方がいたとします。

正しい姿勢に矯正しようと、意識しても、時間がたつとダラーんと元に戻ってしまう。

なぜなら、正しい姿勢に必要な腹筋や背筋がないからなんですね!

普段つかわない筋肉をつかうから、ブルブル震えてしまう・・という。

ペンの正しい持ち方ができない、字が震えてしまう方はこれと一緒で、

「ペンの正しい持ち方★筋(きん)※わたしが勝手に名付けています・・」

がない!んです。

IMG_6750

じゃあ、一生懸命、正しい持ち方をして、筋力アップを目指す!
と、頑張りながらペン字の練習をしても、なかなか続かない方が多いのも事実。

それは、なぜでしょうか?

それは・・・

字が苦手と感じる方ほど、

字の練習×持ち方の矯正

と、ダブルでストレスを感じてしまうから!

「字をきれいに書こう」という意識と、「ペンの持ち方を矯正しよう」という意識を

同時にやってしまうと

とってもストレスを感じてしまうんです・・・

結果・・・「ペン字の練習つらい!やーめた!」につながってしまうという。

それは、とても・・とても・・もったいないことです(;_;)!!!ペン字を嫌いにならないでください!

じゃあ、どうすればいいかというと、生徒さんにオススメするのが、

「1日、5分だけ、ペンの持ち方を正しくしましょ。

5分すぎたら、いつもの持ち方でオッケーです!」

と伝えています。

この「5分」という時間がポイント。5分なら、あっという間だし、できそうな気がしませんか?

短い時間でも、やはり意識することが大切。この5分をあなどるなかれ。確実に正しいペンの持ち方が定着し、

「ペンの正しい持ち方★筋(きん)※きみこ命名」

が、出来上がっていきます。

最初は、字が震えてしまって大変だけれど、ぜひこの方法でめげずにトライしてみてください。

私のレッスンにお越しになる方は、この方法で

「いつの間にか、正しい持ち方が身についていました♡」と仰る方がほとんど。

筋力アップすればするほど、

字の震えもなくなるのでご安心を。

以上、お悩み相談~ペンの持ち方を直したいけれど、ストレス!字が震える。どうしたらいい?~でした。

2-421A9970

421A9854_original

\好評発売中!・誰でも一瞬で字がうまくなる大人のペン字練習帳/

アマゾンはこちら♪

~心が動く大人の美文字レッスン~
東京・表参道の書道ペン字教室myMOJIまいもじ
代表 萩原季実子
(ペン字講師/美文字マインド・クリエイター)

■萩原季実子のレッスンはこちらから

■わたしが考える美文字とは?

■きみこの起業ストーリー(ゆるりと更新中)