みなさん、いつもレッスンにお越しいただき、ありがとうございます。

まいもじ講師の杉山智伊です。

今回、ブログを書くことになりました。テーマは、「普段私がレッスンで感じていること」です。

自分の字に悩むけれど、自分の字についてあまり分かっていない

レッスンにいらっしゃる方は初心者の方が大半ですが、みなさん共通しているのが、自分の字に悩みがあるものの、自分の字のことについてあまり分かっていない方が多いということ。

ブログ2

例えば基本的な「とめ・はね・はらい」
これを正しく書いているか、書いていないか、自分でも分からない。
書き順も、普段どう書いているのか、改めて聞かれると分からない。
ただ漠然と「自分の字が汚い」と思いこんでいて、何故汚く見えてしまうのか分かっていない。

自分の字を一番分かっているようで、意外と自分自身が目を背けて蓋をしてしまっているように思います。

そして、隠すように、ごまかし書きをしてしまう方が非常に多い。

字を隠すようにごまかし書きしていませんか?

私はレッスンの中では、まずそのごまかしをなくし、思い切って粗を出してみる、まずは自分の字としっかり向き合って、どこが悪いのか、どうすればいいのか、自分の目でしっかりと確認し、納得して一文字一文字を書いていただきます。

最初は不安そうな方も、だんだんと頭で理解し、納得し、どうしたら手本の文字に近づくか、真剣に自分の字と向き合う姿勢に変わっていくのです。

ブログ3

流れるような、美しい文字を書くためには、まずは自分の字と向き合うこと。
ここを避けて、手本をそのまま丸写ししても、自分のモノになることはありません。

まずは自分の字と向き合うこと。納得することが大切。

レッスンの中では、持ち方やペンの動かし方、スピードなど書きぶりもきちんと見ながら修正点をお伝えし、レッスン後も「自宅で練習してみよう!」という気持ちになってもらえるよう、アドバイスを心がけています。

そうやって納得しながら書けるようになると、何度かレッスンに足を運んでくださるうちにみるみる上達してくることに、私以上に生徒さんが喜んでいるように感じます。

「自分の字としっかり向き合って、自分の字に自信を持つ」
これが文字を書く楽しさに繋がってきます!

こちらに、わたしのお手本も掲載しています。よろしければ、ご覧くださいね。

講師杉山のお手本はこちらをクリック!

レッスンでお待ちしています!

IMG_4275 IMG_4273

■最新のレッスンスケジュール&お申込みはこちらから。

16990112_1528124097228036_332565774_o