myMOJIのホームページ・ブログをご覧のみなさま、いつもありがとうございます。

東京・表参道の書道ペン字教室、myMOJIまいもじ主宰の萩原季実子です。

2014年の7月に、当時会社員だった私は、副業として書道ペン字教室を月に1回のペースでスタートしました。

おかげさまで、これまで900名以上の生徒さんと出会う教室になり、毎日「文字」と向き合う幸せな仕事をしています。

■よろしければ、こちらのきみこストーリーもあわせてご覧ください。

最近では、講演や、メディアの企画協力や取材をしていただくチャンスもあり、打合せで、

「萩原季実子さんにとって、きれいな字とは何ですか?」

と聞かれることが多くなってきました。

今回の記事に、「わたしが考えるきれいな文字・美文字とは」について書きたいと思います。

16990112_1528124097228036_332565774_o

みなさんは、じぶんの字が好きですか?

教室で出会う生徒さんに、わたしはこの質問をします。

すると・・・

「わたしは自分の字が嫌いで・・」
「昔からコンプレックスがあるんです。人前で書くことを避けてきました」
「部下から字が汚いと言われて教室に行ってこいと言われました」
「字が汚いから、冠婚葬祭のときも、主人は私に字を書かせません」

といった、具体的なお悩みまでみなさん真剣な顔でお話ししてくれます。

もちろん「自分の字が好き、書くことが好きだからもっと楽しみたい!」という方もいます。

SNSやパソコンなどで気軽にメッセージのやりとりができる現代。

なぜ、こんなにも手書きに魅力を感じるのでしょうか。

なぜ、人は「字を習いたい」と思うのでしょうか。

大人になればなるほど、「いきなり」手書きが必要なシーンが訪れます。

そんな時、「ああ、書きたくないなぁ。」と気持ちがどんより落ち込むのか。

「よし、気持ちを込めて、書くぞ。」とワクワク楽しい気持ちになるのか。

文字には、そのまま正直な気持ちが相手に伝わってしまうものなのです。

あらためて、この記事を読んでいるあなたに聞きます。

あなたは、じぶんの字が好きですか?

お手本のようにそっくりそのまま書く、がきれいな字ではない

こんな生徒さん(Aさん)がいらっしゃいました。

Aさんは、レッスンに何度か通ってくださり、私が見ると、とってもきれいで、お手本の字を忠実に書いてくださり、

誰が見ても

「きれいな字」。

Aさんに、わたしは言いました。

「とても上達しましたね!職場や、家庭でも褒められることが多くなったのでは?」

すると、Aさんはこう答えました。

「いえいえ、わたしなんて。

まだまだ上達していません。自分の字に満足していません。

だから、あまり人に見せないようにしています。」

この答えを聞いて、わたしはびっくりしました。

誰が見ても、きれいな字。

でも、当の本人は納得していない。

なぜ?

わたしは悶々と考え始めました。

その時は、わたし自身が「お手本のようなきれいな字こそ、良い字だ。」と思っていたんです。

そして、この生徒さんとの出会いをきっかけに

自分の指導スタイルを変えていく覚悟を決めました。

きれいな字とは、等身大の、じぶんの字を好きになることである

それから、わたしは、生徒さんを注意深く観察するようになりました。

じぃ~~~~っと(笑)

特に、表情やコトバを徹底的に感じるようにしました。

そして、何か少しでも生徒さんの表情がゆがんだり、笑顔がなかったりしたら、

「なぜだろう」と考え、声をかけたり、何か悩んでいること、わからないことがあれば言ってほしい、とお願いしました。

それから、「①ひとつひとつ、生徒さんの問題をクリアすること(文字の悩み)」

そして、「②客観的に見て(講師や周囲が見て)、きれいな文字になること」

もうひとつ、「③生徒さんが、じぶんの字が好きだ、と言うこと」

この3つがコンプリートすると、

生徒さんが、ものすごくいい表情をすることに気がつきました。

「これだッ」

わたしは、ドキドキしました。

ここに、わたしが目指していた「きれいな字」の定義があったのです。

「手書き力」とは、きれいな字を使って人の心を動かすことである

わたしが

今の時代を生きるみなさんに身につけてほしい「手書き力」は、これです。

「じぶんの字が好きであり、その字を使ってビジネスやプライベートで人の心を動かしていくこと。」

例えば、

「お世話になっているクライアントと会話していて、心に残ったこと、お礼をつたえたいことを手書きで書く」
「子どもが通う幼稚園の先生に、悩み相談にのってもらったお礼をしっかり手書きで伝えたい」
「憧れるあの人に、手書きで気持ちを伝えて印象を残したい」
「就活で、絶対に合格したい企業がある。手書きの履歴書で、相手の心に残るおもてなしの気持ちを伝えたい」
「経営者として、企業ホームページに、手書きの企業理念を掲載したい。イメージアップしたい。」

など。

自分が、心が動く字を書いて、人の心を動かすのです。

これが、私が考える「手書き力」です。

自分の字に恋する、美文字マインドを身につけよう

最近、わたしにも、「ああ、やっぱり私は自分の字が好きだなぁ」と感じる出来事がありました。

これまで使っていた名刺がなくなり、

素敵なデザイナーさんと出会い、新しい名刺をつくることに。

そこで、デザイナーさんから「名刺の裏に、季実子さんの手書きメッセージを入れてみては?」とご提案いただきました。

まだ、途中ですが、こんな感じでつくっています。

IMG_4694

名刺の小さな枠に、何を書くのか。漢字とひらがなのバランスは?もらった人が喜んでもらえるメッセージは?

字のカタチはどんなふうにする?

など、アレコレ考えながらつくるのが、今、とても楽しいです。

もらってくれた人の表情までイメージしながら書きました。

レイアウトについては、まいもじの講師のひとり、平畑先生にもアドバイスをもらい「この字は、あと数ミリ下で。印は、この字よりも小さく。この位置マストで。」と厳しく見てもらいました。

まだ出来上がっていませんが、このワクワク、ドキドキする気持ち。

これが、わたしが身につけた「美文字マインド」です。

みなさんにも、恋をするようにじぶんの字を好きになってもらい、美文字マインドを身につけてほしいと思っています。

GAK88_kosumosutohikari_TP_V

最後に、もう一度聞きますね。

あなたは、じぶんの字が好きですか?

ここから、あなたの美文字ストーリーが始まりますよ。

お読みいただき、ありがとうございました。

img_3920

~心が動く大人の美文字レッスン~
東京・表参道の書道ペン字教室myMOJIまいもじ
代表 萩原季実子
(ペン字講師/美文字マインド・クリエイター)