こんばんは。myMOJI代表の萩原です。

myMOJIという教室を運営することになったストーリー、そして、これからやっていきたいことに向けて

連載を書いていこうと思っています。

(この連載始めてから、お知り合いの方に「楽しみにしてます」と言われました。ああ、恥ずかしいですw)

前回は序章「きみこストーリーを書きます」でした。

きみこストーリー①
~コンプレックスだらけだった私が、文字で自分の居場所をつくってきた話~

今回のテーマは

「浪人・アルバイト(生まれたとき~短大入学編)」

です。

GAK88_kosumosutohikari_TP_V

わたしは、新潟県新潟市出身で、両親と兄と弟がいる、5人家族です。

地元の保育園、小学校、中学校へと進み、高校は女子高でした。

運動が好きだった私は中学の時に、陸上部に入部。そのまま、高校まで約6年間続けます。

ほぼ部活しかしていなかったですね。

朝練、放課後の練習はもちろん、休日のトレーニングや強化合宿、大会・・・

高校生になると自分で有名な外部コーチに頼んで指導してもらったり、
他校の生徒と一緒に練習したり、
オリンピック選手が指導してくれる県外の合宿を見つけて、申し込んだり

かなりストイックにやっていました。

食事制限もしたし、いかに筋肉を有効に活用できるか(笑)、そんなことばかり考えていました。

頑張ったおかげで、高校生の時に新潟県大会で優勝して、北信越大会で7位入賞しました。

インターハイには惜しくもいくことができず、とても悔しかったのを覚えています。

そんな生活を高校3年生の秋までガッツリしていたので、受験勉強は後回し・・・というかやっていませんでした。。

担任の先生にも怒られてばかり。

そして受験も全て失敗。1年間の浪人生活がスタートします。

この浪人生活が性に合わず、苦しかったです。

今まで、土やグラウンド、田んぼの中をのびのび走っていた6年間を続けていたので、
机にかじりついて何時間・・・わたしにとっては拷問でした(笑)

今思うと、ペン字や書道であれば、何時間も書いていられるのが不思議です。

さて、浪人して入学できた短大生活。

学科は英文学科。英語を仕事にしたい人たちが集まる学科です。

ここで、また悩みます。

友達もできて、授業も自分で好きなものを選べるし、楽しいのですが、

放課後に何をしたらいいか、わかりません。

今までは、放課後は部活の練習だったので、時間があまったら何をしたらいいかわからないんです。

(ちなみに、この時、私は書道は小学生以来やめてしまっていました)

そこで、アルバイトをすることにしました。

アルバイトは色々とやりましたね。

・居酒屋
・イベントのスタッフ
・コンビニ
・神社の巫女さん
・クレジットカードの営業
・スーパーのレジ
・在庫の棚卸作業

など。

何でもしました。

部活で培った筋力や体力があったので、授業が終わったあとは、新潟駅まで行き、居酒屋のフロントスタッフをして、最終のバスで帰宅後に近所でコンビニバイト、と掛け持ちスタイル。

短大が長期休みになると、短期集中バイトを探して朝から夜までバイト漬け。

なぜ、こんなに夢中になってアルバイトをしたか。

時間やエネルギーがありあまっていた、というのも理由でしたが、

私の中に、ある気持ちが芽生えていました。

「早く、家を出て自立したい」

自由になりたい。

そのためにはお金が必要で、一人暮らしがしたい、早く就職したい、そんな気持ちがありました。

理由は、次回へ続きます。

■募集中!手書き力アップ・ペン字継続コース(全3回)のご案内

ビジネス・プライベートでスグ使える!
手書き力アップ・ペン字継続コース(全3回)のご案内です。

自分の等身大の字が好きになり、ビジネス&プライベートで出会いや実績につながる
美文字講座をひらきます。

講師は、きみこストーリーでおなじみの(笑)、萩原季実子が担当します!
二人三脚で、美文字になりたい、どんどんスキルアップしたい、楽しみたい、というハングリーな方(笑)お待ちしています(^^)/

■金額やレッスン内容の詳細、お申込みはこちらから

GAK88_kosumosutohikari_TP_V