きみこのお悩み相談室!

生徒さんからいただくご質問への回答を、みなさんにもシェアしていきたいと思います。

421A9835_original

さて、今日のお悩みはこちら。

「左利きは矯正したほうがいいですか?」

このご質問も、多いですね!

わたしなりの回答です。

まず、筆記具によって、回答が異なります。

ここで答える筆記具は、「ペン字」と「筆ペン」です。

そして、その方が「どれくらい字に苦手意識を持っているか」にもよります。

一番多いのが「ペン字初心者&苦手意識高い」方。

その方は、

「まずは、矯正せずに、左利きのままで、練習していきましょう!」と伝えます。

前回のペンの正しい持ち方矯正でも伝えましたが、

私は指導するときに一番気をつけているのが、

「なるべく生徒さんが感じるストレスを解放して、

字を書くこと=楽しい!好き!と感じてもらえる仕掛けをする」

ことです。

なので、ペン字にそもそも苦手意識が高そうだな、と感じる場合、

左利きのままで練習してみませんか、とアドバイスしてみます。

そして生徒さんがOKなら、左利きで練習して慣れたころに、矯正するかどうか、また相談します。

もしも、「今から絶対に右利きにしたい!」と意志がカチカチにかたいのなら、生徒さんの頑張りに寄り添って、スグにやってみます。正しい持ち方で慣れが大切なので、一日数分ずつ・・・。

IMG_2536

(あせらず・・ゆっくりと亀ペースで・・・ちなみにこれ描いたのわたしです・・)

そして、もうひとつの筆記具、「筆ペン」についてですが、

筆ペンは、できれば右利きが望ましい、

だけど、筆ペンの選び方によっては、左利きでも上手に書くことができます!

筆ペンは筆記具の仕組み上、どうしてもハネやハライなどは左利きだと表現しにくく、右利きの方用に出来上がっています。

左利きの方は、筆ペン上手に書けない・・と感じる方、多いのではないでしょうか(;_;)?

ただ、筆ペンの選び方によって、解決できることもあります!

市販の筆ペンは、ざっくり分けると3タイプ。

※話が長くなるので、この3タイプについてはまた別記事で回答します。

この3タイプの中で、

左利きの方は、「硬筆タイプ」と呼ばれる筆風サインペン

を選ぶと、筆ペンの種類の中では、一番書きやすいと思います。

この硬筆タイプは、ペン字の延長で、ペン先がしっかりとコシがあり、硬めなので安定します。

また筆ペンの中でも初心者の方向けの筆記具になるので、「そもそも筆ペンに慣れていないよ」という方にも

おすすすめです。

ただ、弾力のある毛筆タイプの筆ペンは、できれば右利きで書けたら理想・・。

レッスンでは、「強制的に絶対みぎみぎ~~~ぃ!」ということはせず、

生徒さんのライフスタイルだったり、どこを目指すのか、経験、その他の悩み・・などをヒアリングして決めるので、
何かあればレッスンで直接ご相談くださいね。

筆ペンの選び方については、次回、きまぐれ(?)きみこのお悩み相談室で書きたいと思います。

では、また~~!!

2-421A9970

421A9854_original

\好評発売中!・誰でも一瞬で字がうまくなる大人のペン字練習帳/

アマゾンはこちら♪

~心が動く大人の美文字レッスン~
東京・表参道の書道ペン字教室myMOJIまいもじ
代表 萩原季実子
(ペン字講師/美文字マインド・クリエイター)

■萩原季実子のレッスンはこちらから

■わたしが考える美文字とは?

■きみこの起業ストーリー(ゆるりと更新中)